ネットワークビジネス化粧品の勧誘!カフェで2時間話を聞いた体験談

ネットワークビジネス今日はネットワークビジネスのお誘いを受けた話をしたいと思います。

マルチの勧誘を受けたのは今回が初めてじゃないです。
20年くらい前に友だちからマルチのお誘いを受けて、10数万円のマットレスを購入したことがあります。
それから友人関係にヒビが入りギクシャクした経緯があったので、ネットワークビジネスにはめちゃくちゃ不信感を持っている私です。

スポンサーリンク

マルチ商法 私の体験談!出勤初日にネットワークビジネスに誘われた

今回ネットワークビジネスに誘ってきたのは友人ではありません。

新しい職場に初出勤したその日に、同じ会社の先輩女性に
「AIに興味ない?今度すごい人が来るから○○珈琲でお茶しながら話を聞いてみない?」
と誘われたのがきっかけです。

「これからAIの時代になるんだから、人に使われているようじゃダメよ。もっと人生輝かせなきゃ。」
とその先輩女性は言います。

これからはAIの社会になるよと。
えぇそうでしょうね。
TVでもよく取り上げられてるし。
途中でポツリと一言。

「私も権利買ったんよ。」
えっ…?権利??何の?
その言葉でピンときました。

あー私これからマルチの勧誘受けるなと。
その後、発する言葉も
「将来不安じゃない?目標を持って生きなきゃ!!」

それにしてもAIのビジネスって何だ?
ミーハーな私はちょっと話を聞いてもいいかなと思いました。

それに私今までの経験値があります。
これまで友だちにネットワークビジネスに勧誘されたことあるし、数十万の矯正下着を買ったこともあるし、20万円ほどのダイエット器具+サプリを購入してしまったこともある。
そんなたくさんの経験値を積んでようやくスキルアップした私は騙される要素は全くない!
スキは1mmたりとも見せるものか。
勧誘してこようものなら即座に撃退してやるわっ!!

それにしてもこちらの先輩女性、なかなか個性的な人です。
「私若く見えるでしょ?イキイキしてキラキラ輝いてるでしょ?人生に目的があると輝くのよ。」
「今度話をしに来てくれる人はねぇ、すごい人なんよ。そんな人と出会えるなんてホントに運がいいわ。」

このお方御年50代でしょうか。
確かに見た目若いし美しいけど、それを自分で言っちゃあ自意識過剰というものだぞ。

電話番号を教えたら3日連続毎日電話がかかってきました。

簡単に番号を教えてしまったことを後悔した私。
電話で何度も
「すごい人が来るのよ。普通の人は会えないからね。アナタはすごく運がいいよ!」
「後から伝えてなんで私に教えてくれなかったのー?って言われるのがイヤだから、友だちには全員この話(←ネットワークビジネスのこと)を紹介するようにしてる」

おいおい…
皆に勧誘してるのか。
友だちなくすぞ。
これは近づくとやばいタイプの人種かもしれん。

毎日その女性から電話がかかってきて若干行くのめんどくさいなと思い始めた私ですが、
「話を聞くだけですよ。」と念を押し、当日現地に向かいました。

集合場所はあの有名な○○珈琲です。
職場のすぐ近くに○○珈琲があるのでてっきりそこで話があるのかと思いきやそこではなく、家から1時間ほどかかる場所でした。
なぜに休みの日にそんな遠くまで足を運ばないかんのや?

10時30分にそのすごい人が来るということでしたが、なぜか30分前に集合するように言われ10時に間に合うように行きました。

マルチ商法の話を喫茶店で聞く私

○○珈琲に到着すると、席に座っていたのは職場の先輩女性とその友人女性のふたり。
こちらの友人、20年ぶりに再会したらしいです。
職場の女性が今年の年賀状で久しぶりに連絡をしたとのこと。

あー、大体マルチは長年会っていなかった知人に声かけて勧誘するもんね。

その後10時30分過ぎに男性が二人入ってきました。
この日集まったのは5人です。

見た目20代後半の男性と60は超えるであろう男性の2人組。
二人ともスーツ姿でしたが、香水くさい。

香水をつけてくるなんて明らかにあやしいワ。(偏見です)
行く前からめちゃくちゃ疑っていた私なので、二人とも顔からしてアヤシイ。(こりゃ失礼…)

20代後半の人がメインで話をしてくれるようです。この人、自分でくまモンに似てるって言ってました。
隣に座った60代の男性はその上司に当たるらしく、今回は話を聞くのに専念するそうです。

60代の男性が「緊張しなくていいからね。」と言います。
いやいや緊張なんて全くしとらんわ。ただ怪しんでるだけ。

たわいもない話が30分~1時間ほど続きますが、一向に話が進まない。
なぜか芥川龍之介の「蜘蛛の糸」の話をしたり、
「自分のためだけにお金を使うのはダメですよ。」なんて話をされる。

何のつながりもない話に、20年ぶりに連絡をもらった友人女性は隣でウンウン頷き、
「これからの世の中置いていかれそうでこわいんですよね。だから人に使われる立場から抜け出したい…。」なんてことを言ってます。

この友人、何を納得しているんじゃー!!
しっかりしてぇ~っ!!!このままじゃ流されてしまうで!!

脈絡のない話を次から次に話していくくまモンに、若干イライラしながら聞く私。
一体何の話をしてるんや?はよぅ本題に入らんかいっ!!

30分ほど延々と無駄話をするくまモンに、しびれをきらした私は
「本題をお願いします!!」
と言いました。

ネットワークビジネスの勧誘方法

これから世界で活躍していく分野は「AI」「宇宙」「再生」の3つらしいです。
くまモンが画用紙に赤青黒の三色のマジックを使って説明していきます。

「AI」はすでに芸能人の○○姉妹や大物芸人が独占の権利を持ってお金をもらっていると。
「宇宙」は有名な実業家がもうすでに参入して独占の権利を得ていると。
今更私たちがその権利を得ることはできないそうです。

私たちに残されたのは「再生」の権利だけなんですって。

「再生」とは再生医療のこと。
くまモンが言う権利とは再生医療を利用した化粧品の独占権利のことです。
“幹細胞”や“ips細胞”なんて言葉もくまモンの口から出てきます。

今回の話は、再生医療を使った化粧品の独占権利を得て不労所得を得ていくような内容ですね。

あれ、今日はAIの話と聞いて来たんだけど?
AIの話はどこいったー?!!!

くまモンは続けて言います。
「私が紹介するビジネスの中心人物はネットで調べると脱税やその他色々マイナスな口コミが出てきますが、自分が数ヶ月張り付いてストーカーしたらそのような人物ではないと確信しました。
信用ができるビジネスだと確信したから自分も始めたんです。」

スポンサーリンク

マルチ商法ではなくフランチャイズらしい

くまモンが言うにはこのビジネスはマルチではなくフランチャイズなんだとか。
「フランチャイズは普通クーリングオフができないが、自分が紹介するビジネスはクーリングオフができるんですよ。
だから怪しさを感じたらいつでも解約してください。」
てなことを言ってきます。

それってマルチ商法だからこそクーリングオフできるってことだよね??
その時点であやしいわ。

プレゼンもよほど練習しているのか、その後も巧みな言葉がスラスラ出てきます。
私がハタチのピッチピチだったら騙されたかもしらん。
でも私もう40や。
そんな巧みな言葉はかえって怪しさを倍増させます。

隣に座っている60代男性は、私に対して
「自分の意見を持っている。賢いねぇ。」
「この話を聞きに来るなんてセンスがいいね。」
「運がいいよ。」
なんて持ち上げる言葉をちょいちょい挟んできます。

マルチ商法で勧められた化粧品

くまモンが話の途中で、カバンの中から再生医療美容液を取り出しました。

今持っている化粧品に数滴混ぜるだけで、頭からつま先まで身体中どこにでも使える品だそうです。
「アトピーに効く」「若返る」なんてことも遠まわしに色々言っていました。

それは言っちゃダメなんじゃないの?
化粧品にはそんな効果ないでしょ?薬機法で引っかかることをよぅ真顔で言えるな、このくまモンは…。

花粉症持ちの私に
「花粉症でしょう?こちらをつけてみてください、鼻がスッとするから!」
そう言われたので、その美容液を2滴指先に取り鼻から吸ってみました。

うーん、なんとなく鼻がスッキリしたような気がしないでもない…。
商品は良いものなのかもしれんが。

その後もタブレットのユーチューブでNHKの番組や他局でやってた番組を見せられます。
再生医療の内容です。
それをくまモンがもっともらしく手元に持っている化粧品と関連付けながら説明していきます。

この美容液の値段が気になったので「これいくらですか?」って聞いてみました。
お値段5,000円がなんと初回82%オフの980円!!
安っ!!!
再生医療を使ったそんな高価なものが980円なんてことあるかーい!!
笑いがこみ上げてきて、目の前で大笑いしてしまいました。

この安すぎる値段もアヤシイわっ!!

ネットワークビジネスにかかる入会金

再生医療化粧品の独占権利は加盟店に登録する必要があると言われました。
加盟店に登録するには入会金が必要。

コースがA、B、Cの3つに別れています。
3つの違いは詳しく聞きませんでした。
ただ金額は3つともほぼ一緒。
入会金がそれぞれ35万円ちょっとです。

ワーオッ!!きたよ。
ほらね、こういうのは高額のお金がかかるんだよ。

くまモンが続けて言う。
「独占権利なので人数限定です。住む地域により加盟店数が決められているので。」
「強制じゃないので次のセミナーに足を運んで自分の目で見てしっかり判断してもらっていいですよ。決めるのはアナタですから。」
「入会金分の商品を全てもらえるので損はありませんよ。」

いやいや35万円分の商品を買って、それを皆に売る必要があるわけでしょ…。

ネットワークビジネスの権利収入

再生医療の権利収入はどれくらいなのか、くまモンが自分の今月の収入を教えてくれました。
タブレットの画面を見ると、実際に今月入ってくる収入は2/9の時点で900円ちょっと

えっ?そんなもんなの?くまモンでもあろう方がそれだけなの?
くまモンがその後続けて言います。
「これはこの再生医療美容液だけの収入ですからね。他の商品の収入は入っていません。」
「先月加盟店に登録した人はすでに数十円の利益が発生してますよ。これ不労所得ですからね。何もしなくても手元に入ってくるお金です。」
「これから会社が大きくなって配当金がもっと増えますから、この利益は何倍にも何十倍にも増えていきますよ。」

・・・・・。
そんなうまい話があるわけないじゃん。
くまモンの収入にはガッカリだわ。もっともらってるんだと思ってました。

ちなみにこちらの会社は2017年に設立された会社だそうです。
設立されてまだ数年…。

あと、この再生医療美容液はアフィリエイト(←ブログなどに広告を貼り、そのリンクを経由して商品を購入してもらうと収入になるヤツ)もやってました。
1本売ると成果報酬が440円。
アフィリエイトした方がお金になるの早いんじゃないの?

マルチ商法の勧誘 私の断り方

くまモンの話が進むうちに突っ込みどころ満載で、私は笑いがこみ上げてきて隠し切れませんでした。
2時間も話を聞いたところでもう帰りたくなった私は、隣に座っている人を観察したり軽く伸びをしたり腰に手を当てて携帯を見たり。

あきらかに退屈なふりをして「私もう帰らないと。」と言って話を終わらせようとしますが
「あと5分で終わります!」とくまモンに言われます。

5分と言われすでに10分経過。
私はもらった名刺をカバンにしまい、お茶代500円をテーブルの上に置き
「今日はありがとうございました!!」
と大きな声で言って席を立ちました。

もう話は十分聞いたし満足だよ。
会社の先輩女性には申し訳ないけど、この手の話は優柔不断なところを見せたらつけ込まれるんだよ。
相手のペースに流されちゃおしまいだ。

ネットワークビジネスに入会した女性

私が帰った後も、会社の先輩女性の友人は席を立つこともなくその後も話を聞いているようでした。
あの後どうなったのかな?
絶対セミナーの勧誘受けてるよね?
なんてことを心配してましたが、その後彼女は入会金を払ったようです。

話を聞いたその日の夜、先輩女性から電話がありました。
私が帰った後、その友人はすぐに銀行に振り込みに行ったようです。
35万をすでに払ってしまったんかいっ!!
セミナーを聞きに行く前に加盟店に登録したくなったようで、すでにやる気マンマンとのこと。
今度ふたりで一緒に鹿児島にセミナーに行くんだとか。

私も電話で
「セミナーに行ってから判断しても遅くないと思うよ。」
と再度勧誘されましたが

「話を聞いてハッキリ言って怪しさしか感じませんでした。マルチですよね。」
「全く興味がないので結構です。」
と断ると、その後彼女から一切電話はかかってこなくなりました。

ネットワークビジネスまとめ

ネットワークビジネスにはいろんな意見があるけど、私は全く興味がもてない分野です。
ただ話のネタにはなるし、いろんな世界があるなーと勉強になるので話を聞くだけなら全然アリかなと思ってます。
ただし意思の弱い人や簡単に流される人はオススメはしません。

このマルチ商法も、利益が出るのは上の上の人たちだけだろうし。

私が出会った会社の先輩女性もなかなか変わっています。
普通同じ職場の初対面の人間に勧誘はしないよな。

私がハッキリと断ったことで
「私たちとは住む世界が違う。私たちとは合わないからしょうがないね。」
「私たちは皆で手を取って世界を良くしていこう、皆で幸せになろうとしてるけど、アナタには理解できないんだね。そういう人たちもいるから仕方ない」
とさんざんな言われようでした。

確かにその通り!
その女性の世界観は私には理解できないものでした。
世の中いろんな価値観を持った人がいるなーと勉強になった出来事です。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
とも

40歳おひとりさまの日常を綴っていきます。
毎日の生活の中で役に立った情報や失敗した話などありのままに語るブログです。
最近体験したリゾートバイトもめちゃくちゃ楽しかったのでそのお話も書いていきます。

ともをフォローする
副業
ともをフォローする
とも生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました