元da pumpダパンプしのぶの民宿みやらに宿泊してみた!

先日与那国島、八重山諸島と5泊6日の旅に出ました。
その中で1泊したのが元ダパンプだったしのぶさんが経営している民宿。

特にda pumpファンでもなかったのですが、顔が大好きでした!
ダパンプの中で一番カッコイイと思ってましたからね。

昔は目の前で拝める日が来るなんて思ってもみなかったなぁ。
しかもしのぶ(←呼び捨て…)の作った料理を食べられる日が来るなんて!!!
もう鼻血が出そうや。

ということで、八重山旅行ついでにしのぶさんオーナーの民宿に泊まってみました。

スポンサーリンク

元da pumpしのぶの民宿はどこ?

民宿みやらしのぶさんが経営されているのは「民宿みやら」。
場所は石垣島からフェリーで所要時間30分ほどの小浜島にあります。
新石垣空港から石垣港離島ターミナルまでバスで30分ほど移動し、フェリーで小浜島に渡ることができます。

送迎もしてくれるので、小浜島行きのフェリーに乗る前に宿に送迎依頼の電話をしました。

電話に出たのは本人の声!!
キャーッ!!本物だー!!!
声を聞いた瞬間テンションが上がります。

小浜島の港に到着すると、しのぶさんが車から降りて待っててくれました。
あっ…本物だ…
やばい、TVで見てた人だ。

ミーハーな私はドキドキしながら近づいて車に乗り込みます。

社内では静かにポツポツと話しかけてくれました。
「今日は青空がすごくきれいですよ」
「今日は高い所に登って空を見てみてください」
と!!

何この人、めっちゃ穏やか~!
島ののんびりした雰囲気と人の良さがにじみ出てました!

芸能界にいたのに控えめな接し方も好感が持てます。

小浜島に到着したのが14:30頃で、宿に向かうにはまだ早すぎる時間。
荷物だけは先に民宿に持っていってもらい、自転車を借りて観光することにしました。

自転車を借りたのは、フェリー乗り場を出て右手側にある「小浜島総合案内所」
しのぶさんの親戚が経営されているお店のようで、民宿みやらに泊まる人は割引があるのでお得です。

電動自転車の料金

電動自転車のお値段は通常1時間550円。
民宿みやらの宿泊客は1時間500円。

24時間だと2,500円です。

小浜島では絶対電動自転車を借りることをオススメします!
坂道が多く、普通の自転車だとかなり疲れるから!!
7年ほど前にも小浜島に遊びに行ったことがありますが、そのときはママチャリを借りて観光しました。
10月の朝9時頃にも関わらず炎天下+坂道。
1時間ほど漕いだだけでダウンしました。

なので今回選んだのは電動自転車。
ピッカピカの新しい自転車です。

なんと電動の楽なことよ…。
ちょっとペダルを踏んだだけですーーーっ…と前に進んでいきます。
坂道もスイスイ登っていきます。
めっちゃ楽や!!
2月初めということもあり暑くもない寒くもないちょうどよい気持ちがいい季節。
長時間自転車を漕いでも全く疲れない。

小浜島空がきれいだなー。

途中ホテルのカフェでお茶したり、砂浜で貝殻集めたり18時過ぎまで観光してました。

宿に到着するともうすぐ夜ご飯だということで、お酒を飲むなら近くの商店で買ってくるようにしのぶさんに言われました。
民宿みやらにあるのは泡盛のみでビールや他のお酒は置いてありません。
しかも泡盛は飲み放題無料です。

私は近くの前本商店というところでオリオンビールとさんぴん茶を購入しました。

民宿みやらでの夕飯

民宿みやらの食事宿に戻るとそのまま食堂へ。
刺身にゴーヤーチャンプルー、パパイヤの酢の物、もずく、牛肉とシマチョウの料理、味噌汁など沖縄料理の数々。
ご飯は自分でつぎます。

シマチョウは臭くて食べれなかったなぁ。
ホルモンなんですかね?こちらのお宿で初めて食べさせていただきました。

味噌汁は具が多く、パパイヤなんてなかなか食べる機会もないし美味しかったです。

料理はちょうど良い量で、ビールを飲んだらお腹いっぱいになりました。

食堂には私と友達の他に長期で滞在している男性が1人、他にしのぶさんの友人が1人遊びに来てました。
こちらの友人がなかなか面白く話が尽きません。
職場にパワハラ人間がいても全く動じないポジティブ前向きな人。
こっちまで明るくなりました。
話が面白すぎて泡盛を飲みながら23時まで食堂にいました。
あっ…これが噂の“ゆんたく”というものなのか。
知らない人と話すのがこんなに楽しいなんてなかなか経験できません。

しのぶさんもたまに会話に入っておしゃべりしてくれました。
途中でダパンプ時代の雑誌の切り抜きを持ってきてくれて、若いなー懐かしいなーなんて言いながら談笑してました。

めちゃくちゃ楽しかったです。
民宿の良さというものをこの日初めて知りました。

スポンサーリンク

民宿みやらの部屋

民宿みやらの風呂23時を過ぎて部屋に戻りお風呂へ。
風呂とトイレは共同ではなく部屋についてました。

お風呂はトイレと一緒になっていて浴槽はありません。
注意点はシャワーを浴びるとスリッパとトイレとトイレットペーパーが濡れる…。

お湯が飛ばないように静かにシャワーを浴びます。
といっても友だちは遠慮なくシャワーを浴びたせいでトイレもスリッパも濡れまくってました。
ちょっとぉーっ!!!

民宿みやらの部屋ただ浴室も部屋もキレイに掃除されていた点は◎です!
快適に過ごせました。

民宿みやらでの朝食

民宿みやらの食事この日の朝食は朝8時から。
朝の食事はウインナーにベーコン、玉子焼き、野菜に漬物、島豆腐がたくさん入った味噌汁です。
昨晩と同じくご飯はセルフでつぎます。

民宿みやらの味噌汁特にめずらしい朝ごはんではないですが、豆腐をたらふく食べられて良かったです。
観光に来たらやっぱり地元の料理をたくさん食べたい。

朝ごはんも美味しかったので満足です。
9時前にチェックアウトをして宿の清算をします。

宿泊は先払いするものだとずっと思ってた私ですが、民宿みやらでは後払い方式のようでした。

最後に民宿の外観写真を撮ろうとしたら、「一緒に写真撮りますか」って言ってくれました。
まじでっ???
ツーショット撮りたかったけど、恥ずかしくて言えなかった私。
その言葉待ってましたーっ!!!
民宿みやら

小浜島にある民宿みやらの予約方法

民宿みやらはネットで探すも楽天やじゃらんでは紹介されてなかったんですよね。
予約方法は公式サイトのみでした。
私が探した限りでは。

サイトの問い合わせフォームか電話にて予約を受け付けているようです。

ちなみに私は夜に問い合わせフォームで予約しました。
翌朝には返信があったので、レスポンスが早いわ~と結構テンション上がりました!

しのぶの民宿の値段は?

こちらの民宿では朝と夜の2食付きです。
チェックイン 15:00 / チェックアウト 10:00

部屋は3タイプ。

  • Aタイプ:バス・トイレ付(和室)9,900円
  • Bタイプ:バス・トイレ付(洋室ツイン)9,900円
  • Cタイプ:バス・トイレ共同 (和室)8,800円
    (2020年2月現在)

私はBタイプを選んだので1人9,900円でした。
民宿の料金にしては高い方だと思いますが、楽しい思い出が作れるかなりオススメのお宿かなーと私は思います。
ゆんたくというものがこれほど楽しいものだと思わず貴重な経験をさせていただきました。

民宿みやらのアメニティ

浴室にはシャンプーとリンス、ボディーソープがありました。
ドライヤーはパナソニックのヤツが置いてあり、風が強くてよかったです。(大体宿のドライヤーは風力が弱すぎてなかなか髪が乾かない…)

冷蔵庫もありました。

ちなみにバスタオルとタオル、浴衣、歯ブラシなどは置いてないので自分で持参しないといけません。
タオル持って行くと荷物増えるからイヤなんですが。
離島だと水にも限りがあるから、これは仕方のないことかもしれないですね。

あとBタイプの部屋にはTVがありませんでした。
TV見る暇もないほど宿が面白かったから、私は全然問題なかったです。
テレビ見るくらいなら部屋からの景色を見たり、夜空を眺める方がむしろ良い!!

民宿みやらまとめ

ヤギチェックアウト後は自転車を借りっぱなしだったのでシュガーロードをチャリで漕ぎながら、ヤギがいれば立ち止まりブラブラ観光して小浜島総合案内所にチャリを返しました。

ヤギかわえぇ~。
でも沖縄ではヤギ食べるために飼ってるらしいですね。
こんなに優しい顔してかわえぇのに。

今回の旅行、しのぶさんの手料理をたくさん食べられてワタシャ幸せです。
一番泊まって良かったことはゆんたくが経験できたこと。
一生忘れられない経験になりそうです。
話していく中でいろんな考えを聞いて視野が広がったし、よどみきった心も洗濯できました。

しのぶさんが私たちが楽しく過ごせるように接してくれたことがすごくうれしかったです。
楽しい友人を呼んでくれたのもおもてなしの精神かなと今となっては思います。
またお金を貯めて遊びに行こ。

八重山諸島に行くなら、石垣島、竹富島、小浜島、与那国島の宿泊情報や観光地、居酒屋など関連記事があるので、ぜひご覧ください。
八重山諸島旅行記

スポンサーリンク
この記事を書いた人
とも

40歳おひとりさまの日常を綴っていきます。
毎日の生活の中で役に立った情報や失敗した話などありのままに語るブログです。
最近体験したリゾートバイトもめちゃくちゃ楽しかったのでそのお話も書いていきます。

ともをフォローする
旅行
ともをフォローする
とも生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました