石垣島星空ツアーはバス送迎あり!天然プラネタリウム冬に必要な服装とは?

星空ツアー2月に石垣島の星空浴ツアーに行ってきました。
石垣島には2泊した私ですが、1日目に星空ツアーを予約したところ、当日曇りで星が見られないということで急遽キャンセルとなりました。

冬の石垣島は天候が悪く結構キャンセル率が高いと聞いていたので、2日目に再度チャレンジしたところ無事開催されました。

ただこの日は2月の初め。
沖縄といえども夜は寒い!

今回利用したのは平田観光の星空浴ツアー。
星空ファーム行きの2階建てオープンバスに乗って向かいます。
その移動時間は30分ちょっと。
外の風にさらされながらの走行で、身体はめちゃくちゃ冷えました。
冬の石垣島は暖かい服装必須です!!

今回星空ファームのツアー内容と、必要な服装や持ち物について書いているので参考にどうぞ。

スポンサーリンク

石垣島の星空ファームに参加してみた

はじめに言っておくと私は星空ツアーにそこまで興味はありませんでした。
星は地元でも見れるし、石垣島で見るにしてもホテルの外から見上げればいいじゃないかと心の中で思ってました。

前回友だちが石垣島に行ったとき、ツアーに参加しようとしたけど天候が悪くて開催されなかったとのこと。
ということで今回再チャレンジしたいとのことで一緒に星を見に行くことにしました。
結果、ツアーに参加して良かったです。

ツアーに参加する場合のメリット

星空ファームツアーに参加するメリットといえば

  1. 星がよく見えるところまで連れていってくれる(送迎)
    星はホテルの外から見ればいいじゃないかと勝手に思っていた私ですが、携帯のちょっとした光でも星は見えづらくなります。
    市街地だとホテルや飲食店の電気が明るすぎて、空を見ても星があんまり見えないんですね。
    ツアーに参加すると、一般の人は立ち入り禁止の星空スポットで鑑賞可能。
    バスに揺られている間はガイドの方が星について説明したり、石垣島のマメ知識を教えてくれます。
    あと沖縄はハブがいるので、鑑賞スポットにハブよけのネットが張られている点も安心。
  2. 星空ガイドが星座や宇宙について詳しく説明してくれる
    星空専門ガイドの方がレーザーポインターを使って八重山で見える星を1つ1つ詳しく説明してくれます。
    北極星の見つけ方や冬に見れる星座、天の川などレーザー光線を使って教えてくれるので、すごく分かりやすいです。
    昔の人は星の位置を見て田植えの時期など決めていて、星は生活に欠かせないものだったんですって。あと星座というものは太陽と一緒に進むものなんだそう。
    誕生日の星座はどうやって決められているのかというと、太陽と同じ方向にある星座。
    私は12月生まれのやぎ座なんですが、それは生まれた時に太陽と同じ方向にあった星座がやぎ座だから…ということらしいです。他にもいろいろ教えてもらいました。
    流れ星は1日に2兆個も流れているそうです。
    この日私は見ることができなかったですが、ガイドの1人は1個だけ流れ星を見たらしいです。
    こんなに星のことを分かりやすく語れる人がいるんだなあと感動しました。
    子ども時代に話を聞いていれば、もっと理科の成績も良かったろうに…。
  3. 双眼鏡で星空を見れる
    イスに双眼鏡が置かれていました。
    ツアー中は双眼鏡で星が見放題です。
    肉眼では見えなかった星が双眼鏡を使うと見えるようになり、星の輝きがさらに強くなります。
    肉眼では薄々と光っていた星が双眼鏡で見ると輝いて見えます。
  4. 望遠鏡で月のクレーターを詳細に見ることができる
    望遠鏡が1台だけ準備されていました。
    1人ずつ順番に月のクレーターが見れます。
    ガイドの方に「宇宙飛行士が降り立った足跡は見えますか?」と尋ねたところ、「実際に月に行ったら見えますよ」との返答。
    だよねぇ…。
    ウサギが餅をついてるところは見えなかったなぁ。
  5. 質問タイムがある
    質問タイムがあるので宇宙の疑問をぶつけることができます。
    私は皆の前で質問するのが恥ずかしかったので、終わった後ガイドの方にコソッとアホな質問をしました。
    「宇宙人ってホントにいるんですか?」と。
    その質問に対してガイドの方は
    「識別者の間では宇宙人はいると言われていますよ。」と答えてくれました。
    そうなのか。やっぱり宇宙人いるよね。
    月とか火星とか水星とかにいるのかな。
    他にも八重山諸島では南十字星が見えると聞いてたので今日は見えないのか尋ねてみたところ、夜中4時頃に見えるとのこと。
    ツアー中の時間に見るには5月頃がオススメなんだそう。
  6. 星空が見えやすい椅子とブランケットが用意されている
    星空ファームでは簡易のリクライニングチェアとブランケットが用意されています。
    リクライニングといえども空は真上。
    ずっと上を見続けると首や肩が痛くなってきます。
    どうせなら寝っ転がって楽な体勢で星を観察したかったなぁ。
    ブランケットは寒空に助かりました。胸元から巻いて寒さをしのぎました。
    途中やっぱり寒くて立ったり動いたりしてましたけど。
  7. あったかいお茶のサービスがある
    途中で温かいさんぴん茶が入った紙コップが配られました。
    椅子にドリンクホルダーがついてたので、星観察の邪魔になることはありません。
    ただ寒空なのですぐに冷えます。
    ちなみに星空ファームにはトイレがありません。
    飲みすぎるとトイレに近くなる私は一口しか飲みませんでした。

ツアーに参加することで星や宇宙のことをよく理解できました。
デメリットといえばツアー料金がかかることくらいでしょうか…。

スポンサーリンク

石垣島の星空ツアーは送迎あり

星空ツアーこの日ツアーに参加した人は20人くらいだったでしょうか。
送迎の場合は、離島ターミナルの正面玄関脇の赤いポスト前に集合します。
開始時間の30分前にオープンバスが到着するので、それに乗って現地に向かいます。

自分でクルマに乗って、直接星空ファーム集合でも可能です。
ちゃんと駐車場があり、ガイドの方が案内してくれます。

ツアーには子ども連れや足が悪いおばあちゃんも参加してました。
カップルや家族連れが多かった印象ですが、暗くてお互いの顔がよく分からないため1人での参加も全然へっちゃらだと思います。

石垣島 星空ファームの開催時間

2月のツアー時間は21時~22時まででした。
送迎の場合は離島ターミナルに20:30前に集合しないといけません。

石垣島 星空ファームの場所

場所は一般の人は立ち入り禁止の星空スポット、電気の全くないサトウキビ畑のど真ん中。
市街地から車で20分ほどとのことですが、オープンバスだとANAインターコンチネンタルホテルを経由してゆっくり走るため30分ほどかかりました。
現地の詳細は申し込みした後に教えてくれるようです。

石垣島 星空ファームの参加料金

  • 大人3,800円(中学生以上)
  • 小人2,500円(小学生)
  • 未就学 無料

現地で支払することもできるようですが、私はネットでクレジット決済しました。

石垣島 星空ファーム行きのオープンバス料金

  • 大人往復1,500円(中学生以上)
  • 小人往復1,000円(小学生以下)

直接現地で現金で払います。
ツアー料金とバスの送迎料金を合わせると、大人1人5,300円とお高いですね。
もっと値段下げてもいいのではないだろうかと個人的に思います。

石垣島の星空ツアーに参加する場合の服装や持ち物

2月のツアーは非常に非常に!!寒かったです。
薄いダウンジャケットを着て行ったのですが、オープンバスの移動で30分ほど外の風にさらされたため相当カラダが冷えました。

隣に座っている友だちはパーカーのみ。
ジャケットを着てこなかったため、非常につらそうでした。
寒さのせいなのか、途中めちゃくちゃ不機嫌になるし。
いやいやツアーに誘ったのはアンタだからね。

冬は頭も冷えるので帽子やフードは欠かせません。
私はジャケットにフードを被ってカバンを膝に置き、寒さをしのぎました。

ホッカイロやステテコ、ももひき、ババシャツなど寒さをしのげるもので完全防備して行った方がいいです。
マスクもあった方が安心かも。
星空ファームに着いても、椅子に座りじっとしているので段々カラダが冷えてきます。

あとツアー料金やバスの送迎料金もお忘れなく。
高性能のカメラを持っている人は持参するのがオススメ。
私のショボいスマホのカメラで撮ると残念な結果になりました↓。星空ファーム

石垣島 星空ツアーの注意点

星空ファームには便所がありません。
トイレに行きたくなったらサトウキビ畑のど真ん中で用を足すか、それができない場合はガイドに相談するように言われました。

トイレが近い私はホテルで用を足し、離島ターミナルでも再度お手洗いに行きました。
20:30前だったのでターミナルも閉まりかけてましたが、無理やり入りました。

ちなみにレインコートは必要ないです。
バスの座席前のポケットにちゃんと雨合羽が入ってましたよ。

石垣島 星空ツアーまとめ

冬にツアーに参加する場合の持ち物は

  • ジャケット
  • フードや帽子
  • ホッカイロ
  • ステテコやももひき、ババシャツなど暖かい恰好で
  • マスク
  • ツアー料金と送迎料金のお金
  • 高性能のカメラ(あれば)

石垣島の星空は満点の天然プラネタリウム。
最初はあんまり興味を持てなかったツアーでしたが、実際に参加してみてすごい楽しかったです。
本気で星のお勉強をしたくなりました。

八重山諸島に行くなら、石垣島、竹富島、小浜島、与那国島の宿泊情報や観光地、居酒屋など関連記事があるので、ぜひご覧ください。
八重山諸島旅行記

スポンサーリンク
この記事を書いた人
とも

40歳おひとりさまの日常を綴っていきます。
毎日の生活の中で役に立った情報や失敗した話などありのままに語るブログです。
最近体験したリゾートバイトもめちゃくちゃ楽しかったのでそのお話も書いていきます。

ともをフォローする
旅行
ともをフォローする
とも生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました